伝わるから売れるデザイン&文章術セミナー

土岐商工会議所主催/岐阜県 

値段をつけて商品を並べれば売れる時代ではありません

「けっきょくお客さんは安いものにしか興味が無い」
中小企業の社長さん、ショップの店長さんからよくお伺いするコトバです。
しかし、実際には高くても売れているモノ、値上げしても販売数が落ちないサービスを提供している会社やお店も多くあります。
そもそも、お客さんは小さなお店に安さを求めていません。これはとある研究機関の調査でも明らかになっています。
では、お客さんが小さなお店や会社に求めているモノとは、何でしょう? どうすれば、「お客さんが求めているモノ」と「こちらが提供したいもの」を一致させることができるのでしょうか? 「コンセプト」(方向性、会社のとしての基本的な考え方)を伝えることが大事になってきます。
ところが、多くの会社は「どのようにコンセプトを伝えるか」の前に、そもそも「自社のコンセプト」が明確になっていないのです。 中小企業がネット販促を実践するうえで大事な「基本的な考え方」や、それを作業に落とし込むうえで大切な「見せ方」「発信のしかた」についてお話しをさせていただきました。
また、セミナー後に「公開相談会」を開催し、さまざまな業種の企業さまからの課題、問題点につて、ほかの参加者さんも同席の上でご相談を頂きました。