呼ばれるセミナー講師養成セミナー

2018年12月1日 名古屋市内で開催されたセミナーのご報告です。
単独自主開催/名古屋市協同自主開催/東京  
呼ばれるセミナー講師養成セミナー

プロのセミナー講師向けて、「どのようにすれば公的機関や自治体から依頼されるセミナー講師になることができるのか」をテーマとしたセミナーです。
高度な知識をベースに、レベルの高いセミナーをしているからと言って、公的機関や企業から「お声」がかかるわけではありません。 公的機関や団体、民間企業から「呼ばれる」セミナー講師になるには、どんな活動が必要なのか。このセミナーは「セミナー講師」を対象に、いかにして「読んでもらえるセミナー講師になるのか」といった活動について、具体的な活動内容をお伝えしました。

セミナーもセミナー講師も商品。「よければ売れる」わけではない。

セミナーも、セミナー講師も、呼ぶ側(依頼する側)から見たら商品です。 ラーメン屋さんが「おいしいラーメンを作っていれば売れるようになる」と思い込んでいるのと同じで、セミナー講師も「よいセミナーをしていれば呼ばれる」わけではありません。「よいセミナー」は前提条件であって「呼ばれる理由」にはならない、ということです。

互いにセミナー講師だからこそお伝えできること

このセミナーでは、受講者もすべてセミナー講師だったため、一般向けのセミナーとは異なり、かなり詳細で具体的な活動内容についてお伝えすることができました。 公的機関と民間企業の違いなど、非公開で秘匿性の高い「呼ばれている講師は何をしているか」といった情報についてもお伝えすることができました。 好評だったため、2017年の12月に続き、2018年の2月にも追加開催しました。 また、 受講者のうち、すでに6名以上が「呼ばれる講師」としてデビューいたしました。 (2018年6月現在)